うつ病で会社を休職するまでの流れと休職期間の過ごし方【まとめ】

 

うつ病で会社を休職したい場合、どのようにすれば良いのでしょうか?

 

 

この記事では、会社を休職するまでの流れと、気になる休職中の給料の問題についても、解説していきます。

 

また、うつ病をしっかり治して職場に復帰できるかどうかは、休職期間の過ごし方にかかっています。

 

どのように休職期間を過ごせば、うつ病をより確実に克服することができるのかについても、お教えしていきます!

仕事を休職すべきか、続けるべきか?

蒼井
こんにちは!

管理人の蒼井です。

うつ病と診断された場合、基本的には主治医から休職することを勧められることが多いですよね。

 

なぜなら、休職して休養に専念することが、うつ病の初期治療において非常に大切なことだからです。

 

休職の必要性については、あなたの意思や症状も考慮して、主治医と相談して決めましょう。

休職のメリットとデメリットとは?

休職はメリットも大きいですが、実はデメリットもあります。

 

休職のメリット

  • ストレスや精神的な疲れを大幅に減らすことができる。
  • 休養やうつ病の治療に専念できる。
  • これまでの人生や生き方について、見つめ直す時間ができる。
  • 今後の方針について、ゆっくり考える時間ができる。

 

休職の最大のメリットは、やはり休養や治療に専念できるということです。

 

仕事でストレスを感じ、エネルギーを消耗していては、なかなかうつは良くなりません・・。

 

休職のデメリット

  • 休めば休むほど、復帰しづらくなる。
  • 完全復帰までのリハビリに時間がかかる。
  • 休むことに抵抗があったり、罪悪感を感じてしまう人もいる。
  • 傷病手当金などもあるが、収入が少し減ってしまう。

 

休職期間が長くなればなるほど、復帰するために時間や労力がかかり大変になるということは、ぜひ知っておいて下さい。

 

幸せの青い鳥
ここがポイント!

長期の休職にはデメリットもあるということを、覚えておこう!

仕事を休職するまでの流れ

【ステップ1】 休職制度について確認する

蒼井

意外かもしれませんが、法律上、休職制度を定めることは義務化されていません。

したがって、中小企業などでは、休職制度そのものが定められていないこともありえます。

 

まずは雇用契約書を確認するとともに、人事部の担当者にも聞いてみましょう。

 

どのくらいの期間まで休職できるのか、休職条件などがないかも要チェックです!

 

例えば、入職後半年以上でないと休職が認められない場合や、休職できる期間は最大3か月までとするなどの規約がある場合もあるからです。

【ステップ2】 主治医に診断書をもらう

うつ病で休職が必要であるという旨の診断書を、主治医に書いてもらいましょう。

 

このとき、休職期間についても相談して決めることになります。

 

一般的には、いきなり長期間休職することを決めるのではなく、まずは2週間から1か月程度など、短めの期間から入ることが多いです。

 

その後の経過を見ながら、さらに休職が必要であれば、期間を延ばしていくこととなります。

【ステップ3】 人事部担当者へ診断書を提出する

蒼井

人事部などの担当者へ、診断書を提出しましょう。

休職期間や今後の方針について、会社の規約や業務の都合なども考慮して、調整を行います。

 

ただ、例えば診断書に1か月の休職が必要と記載があれば、通常はそれに従ってくれることが多いでしょう。

 

何か休職願いなどの書類を提出する必要があれば、それらも提出します。

 

ここで会社側と特にもめることがなければ、無事に休職に入ることができます。

 

休養に専念しましょう!

 

幸せの青い鳥
ここがポイント!

休職に入るときは、会社の休職制度をしっかりチェックしておこう!

休職期間の平均ってどのくらい?

うつ病の休職期間の平均は、日本では3か月程度と言われています。

 

しかし、ひとことでうつ病と言っても、その原因も症状の程度も人それぞれですから、必要な休職期間も人によって全く異なります。

 

1~2週間休めば良くなる人もいれば、半年以上休んでも良くならない人もいるわけです。

 

うつ病では3か月から半年程度の休養が必要と言われることが多いですので、休職期間のあくまで一般的な目安として、参考にされてください。

休職中の給料や手当はどうなるの?

傷病手当金とは?

休職中は、会社で休職手当金などの制度がない場合は、原則として給料はもらえないことが多いです。

 

そんな時に頼れるのが、傷病手当金です。

 

傷病手当金とは?

傷病手当金とは、健康保険の加入者(被保険者)が、病気やケガで休職して働けなくなった際に、その生活を保障するために給付される手当金のことです。

 

傷病手当金の給付額は、標準月額報酬(過去12か月間の給料の平均値)の3分の2(約67%)になります。

 

初回の申請にかかる期間は1~2か月程度で、比較的すぐに受給を開始することができます。

 

蒼井

傷病手当金をもらう時には、一つ注意点があります。

それは、受給できる期間が最長1年半までと限られているということです。

 

しかも、途中で一度復帰して給料をもらうようになり、また再発して休職したという場合でも、その給料をもらっていた期間も含めて1年半ということになりますので、注意されて下さい。

傷病手当金の申請方法

傷病手当金の申請は、あとでお話する労災に比べるとかなり簡単で、時間もかかりません。

 

必要事項をきちんと記入して申請さえすれば、通常特に問題なく申請が通りますので、安心して下さい。

 

申請書は、全部で4枚あります。

 

1、2枚目は、申請者(被保険者)が記入します。

3枚目は、事業主(会社)が記入するものです。

4枚目は、療養担当者の記入となっていますので、主治医の先生にお願いして書いてもらいましょう。

 

たいていの場合、人事部や総務課など担当の人から、傷病手当金の申請方法について説明があるはずです。

 

申請書についても担当の人が渡してくれるはずですが、全国健康保険協会(協会けんぽ)のホームページでもダウンロードできます。

うつ病で労災申請することもできるの?

蒼井

長時間労働、パワハラ、セクハラ、過酷なノルマなどが原因でうつ病になった場合には、労災申請をすることも可能です。

 

労災のメリットは、傷病手当金と違って、給付期間に制限がないことです。

 

また、給付される金額も給与の8割程度と、傷病手当金よりも高めになっています。

 

労災のデメリットとは?

労災申請は少なくとも半年以上の時間がかかり、認定率も約4割とかなり低めです。

また、職場環境に問題があったことが事実として浮き彫りになるわけですから、会社側が良く思わない可能性もあり、注意が必要です。

 

幸せの青い鳥
ここがポイント!

休職中は多くの場合、傷病手当金を活用して生活費をまかなうことになる!

休職期間の過ごし方の4つのポイント

蒼井

せっかくの休職期間をムダにしないためにも、以下の4つのポイントを参考にしていただければと思います。

 

  1. 仕事のことは忘れて、休養と治療に専念する。
  2. 自宅に引きこもることだけが休養ではない。
  3. 体を動かすことが大切。
  4. 自分の人生や生き方を振り返り、うつになった原因を突き止める。

1.仕事のことは忘れて、休養と治療に専念する

休職中は、いったん仕事の責務のことは忘れて、休養と治療に専念することが大切です。

 

うつ病の治療については、以下の記事で詳しくお教えしていますので、ぜひご覧ください。

これさえ読めば大丈夫!うつ病の治し方とは?【永久保存版】

2017.11.15

2.自宅に引きこもることだけが休養ではない

休養中や休職中は外に出てはいけないと誤解されている方もいるようですが、そんなことはありません。

 

買い物、散歩、気の合う友人と会う、趣味のために出かけるなど、ストレスにならない範囲であれば、外出はむしろした方がいいです。

 

もちろん、遠出やストレスを感じる場所へ行くなど、心のエネルギーを消耗してしまうような外出は、控えるようにして下さい。

3.体を動かすことが大切

うつだからと言って、あまりにもじっとして体を動かさないでいると、さらにうつは悪くなっていくという悪循環におちいってしまいます。。。

 

この悪循環から抜け出すためにも、適度に体を動かすことが大切だということは、ぜひ覚えておいて下さい。

 

うつ病の運動療法のやり方については、以下の記事を参考にされてください。

自宅でも簡単に始められる!うつ病の運動療法の効果とやり方

2017.10.15

4.自分の人生を振り返り、うつになった原因を突き止める

しばらく休養して少し元気が出てきたら、今までの自分の働き方や生き方で、どういった点がうつになる原因だったのか、考えてみましょう。

 

うつ病の原因については、以下の記事を読んでいただければ、すべて分かるようになりますので、ぜひご覧ください。

医者も教えてくれない!うつ病の4つの原因とは?【保存版】

2017.11.05

いかがでしたか?

蒼井

休職までの流れと休職中の過ごし方について、お分かりいただけたかと思います。

 

休養して余力が出てきたら、うつ病の克服に向けて少しずつ取り組んでいくことをおすすめします。

 

最短でうつから抜け出す方法を、ぜひ知って下さい!

あなたにおすすめの記事

僕がたった3か月で、うつ病を改善した方法とは?

2017.12.15

これさえ読めば大丈夫!うつ病の治し方とは?【永久保存版】

2017.11.15

【完全版】うつ病を自力で克服する方法をこっそり公開中!

2017.11.20

僕のうつ病克服体験談「死の淵からの再生」

2017.12.20