【完全版】うつ病を自力で克服する方法をこっそり公開中!

 

あなたは、うつ病をなかなか克服できずに、悩んでいませんか?

 

 

このページでは、僕の知識と体験談にもとづいて、うつ病を克服する方法を分かりやすく解説していきます。

 

あなたも薬だけに頼らず、きっとうつ病を自力で克服することができるようになるはずです。

うつ病を克服する方法とは?

蒼井

こんにちは!

管理人の蒼井です。

うつ病を克服するには、うつ病を根本から治していく必要があります。

 

「え? そんなの当たり前じゃないですか!」と思われたかもしれません。

 

でも、根本から治すことができていないからこそ、いつまでもうつ症状がだらだらと長引いたり、再発してしまったりするわけです。。。

 

特に、少し休んで薬を飲むだけでうつがすっかり治ると思い込んでいると、いつまで経っても克服できないことになるでしょう・・(汗)

 

うつを根本から改善して、再発しないようにするにはどうしたら良いのか?

 

そういった知識を身につけて、日々の生活の中で実践していくことが大切だと思うのです。

自分がうつ病になった原因を見つける!

まずは、自分がうつ病になった原因をはっきりさせることが大切です。

 

原因がわからなければ、治しようもないですからね。(汗)

 

うつ病の最大の原因は、やはり仕事や人間関係で感じるストレスだと思います。

 

良くあるのは、以下のような例です。

 

  • 転勤で環境が変わったことがストレスとなり、うつになる。
  • やりたくない仕事を我慢してやり続けて、うつになる。
  • 夫や妻、両親、子供など家族との関係が上手くいかず、うつになる。

 

蒼井

あなたの場合は、何がうつになる原因だったのでしょうか?

「何が心の負担になっていたのだろうか・・」
「何が自分の心を苦しめていたのだろうか・・」

なるべく具体的に、探ってみて下さい!

 

あなたの心の問題は、やはりあなたご自身が一番よく分かっていると思います。

 

自分の心と向き合うのは、時にはつらいこともあるかもしれません。

 

少し休んで、心に余裕が出てきてからでもかまいませんので、あなたも自分の心の声を聞いてみて下さい。

 

うつ病の原因を探る方法については、以下の記事も参考にされて下さい。

医者も教えてくれない!うつ病の4つの原因とは?【保存版】

2017.11.05

 

幸せの青い鳥
ここがポイント!

まずは、自分がうつになった原因をつきとめよう!

うつの原因は、心の問題だけではない!

心と体は、つながっています。

 

体が健康でなければ、心も健康になれません。

 

食事や運動で体の健康を整えることも、うつ病の克服のために非常に大切なのです!

 

 

良い食事をして、体も適度に動かしていると、心も健康になっていきます。

 

自然と前向きな考え方になってきますし、気持ちの切り替えもできるようになってきます。

 

蒼井

一方、食事や生活習慣がめちゃくちゃで、じっとして全く体を動かさず、首や肩のこりもひどいなんて状態でいたら、メンタルの不調をきたしても当然なのです・・。

 

うつ病を克服していく際は、食事や運動など、体の健康も一緒に改善していきましょう!

 

体の健康で僕が特に重視しているのは、体のゆがみの問題です。

 

体のゆがみのせいで、うつや自律神経失調症の症状に悩まされている方も非常に多いからです。

 

蒼井

僕の経験からしても、ゆがみやこりを改善することでだいぶ体調が良くなりましたので、やはりメンタルの不調の一因なっていたことは間違いないです。

 

ゆがみやこりを改善する方法については、こちらの記事で紹介している方法が一番信頼できますので、あなたもぜひ試してみて下さい。

 

幸せの青い鳥
ここがポイント!

うつを克服するには、食事や運動など、体の健康も一緒に改善することが大切!

うつ病になる人の特徴とは?

うつになる人には、特徴的な考え方のクセがあることがほとんどです。

 

うつになりやすい性格というのも、知られています。

 

うつになりやすい人の特徴としては、以下のようなものが挙げられます。

 

ざっとでかまいませんので、あなたも当てはまるものがないか、目を通してみて下さい!

 

  • まじめで几帳面な性格。
  • 完璧主義で、細部まで気になる。
  • 向上心が高く、努力家。
  • 悪い所ばかりが気になる。
  • 「~すべき」という考え方が強い。
  • 自分を責めたり、否定したりする。
  • 執着心やこだわりが強い。
  • 無理をして、頑張りすぎてしまう。

考え方や性格を変える方法とは?

それでは、うつになりやすい考え方や性格を変えていくには、どうしたら良いのでしょうか?

 

考え方や性格を変えるためには、潜在意識を変える必要があります。

 

蒼井

潜在意識とは、心の奥深くにあって、意識できない領域です。

しかも、意識の割合がたった1割なのに対して、潜在意識は心の9割を支配しています。

 

僕らの考えや行動は、意識でコントロールしているつもりでも、実は潜在意識に支配されて動いていたのです!

 

潜在意識の中には、価値観や信念といった、根源的な考えが含まれています。

 

この価値観や信念をもとにして、考え方や行動、つまりは性格が作られます。

 

 

問題なのは、いくら意識を変えても、心の奥深くにある潜在意識はそう簡単には変えられないということです。

 

潜在意識を効率よく変えていくためには、いくつかの工夫が必要になってきます。

 

蒼井

逆にそのコツさえ知っていれば、潜在意識を変えて、なりたい自分へと変わっていくことも可能なのです!

 

ちなみに、潜在意識を変えるための最も強力な方法は、自己催眠を行うことです。

 

もし余力があって、本気で自分を変えたいと思う方は、こちらの記事で紹介している自己催眠の教材にも、挑戦されてみて下さい。

うつを克服するための考え方とは?

最後に、うつを克服するためには、具体的にどのような考え方をしていけばよいのか、5つのポイントをお教えしたいと思います。

1.自分のことを否定しない、責めない

うつになる人は気づかないうちに1日に何度も、自分のことを否定したり、責めたりしています。

 

これからは、自分の心に対して、もっと優しく接してあげて下さい。。。

2.人生はうまくいかなくて当たり前

人生なんて、そうそう上手くはいかないものです。

 

「思い通りにいかなくて当たり前」と分かっている人は、そう簡単には落ち込みません。

 

逆に、上手くいった時はラッキーだと思いますから、ちょっとした小さな出来事でも、幸せを感じることができるのです。

3.「~すべき」という考えに縛られない

「しなければならないこと」があるのもたしかですが、それだけに縛られすぎないようにしましょう!

 

自分がしたいこと、自分が好きなことをした時に、初めて心は満たされるのです。

4.中庸を目指し、完璧主義にならない

うつになる人は、中庸を目指すことが苦手です。

 

中庸とは、両極端にかたよらずに、ちょうど真ん中あたりを目指すという意味です。

 

極端 中庸 極端
0~20点 60~70点 90~100点
手抜きでやる ほどほどにやる 完璧にやる
ふざけてやる 楽しんでやる まじめにやる

 

何事も完璧主義にならずに、ほどほどを目指すように意識されてみて下さい。

5.頑張っている自分のことを認める

今まであなたは、自分を責めることはあっても、自分を認めてあげるということは、ほとんどされてこなかったのではないでしょうか?

 

蒼井

あなたはもう十分、これまで頑張って生きてきたはずです。

それを当たり前のことと思わずに、「偉大で素晴らしいことだ」と頑張ってきた自分のことを認めてあげて下さい。

 

「つらいこともあったし、体調も悪かったのに、ここまで頑張ってこれたのはすごいことだ」と。

いかがでしたか?

蒼井

うつ病の克服には、時間がかかります。

最初から上手くできなくても、当たり前です。

あなたのペースでかまいませんので、焦らず少しずつ、取り組んでいきましょう!

 

もし本気でうつ病を克服したいとお思いでしたら、以下でご紹介しているうつ病教材を試してみられることをおすすめします。

 

最短でうつから抜け出す方法を、ぜひ知って下さい!

あなたにおすすめの記事

「感じるだけで自由になれる幸せの12ステップ」(須藤裕司)の感想とレビュー

2017.11.30

うつ病で会社を休職するまでの流れと休職期間の過ごし方【まとめ】

2017.10.30

【必見!】仕事のストレスが原因でうつ病になった時の対処法

2017.10.25

「1日4分自己催眠トレーニング『脱!!恐怖症プログラム』」(大滝保)の感想とレビュー

2017.11.25